趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市南区】ハイボール酒場 お好み焼 がんぼ

2014/3/19

店長:近藤 博文さん
広島市南区的場町1丁目4-8 的場KK館1F
電話:082-264-0139

【おすすめメニュー】
1.肉玉そば 650円
2.がんぼ焼(肉玉そば、辛口ソース、目玉焼、ネギ、自家製チャーシュー)1000円
3.焼チーズのせ(肉玉そば、チーズ)750円

「肉玉そば」の値段 650円

その他:牛と豚の脂でサクッと揚げる特製の串揚げが好評。ホルモン焼きなど鉄板焼メニューも豊富。各種アルコール類もそろい、ガスボリューム6.0の「超炭酸ハイボール」も楽しめる。

【お好みstyle】
 お薦めは広島の定番「肉玉そば」です。肉と野菜のうま味を引き出し、独自の味付けをした自信作です。
 こだわりは麺。小麦の胚芽を練り込んだ香ばしい生麺を使っています。鶏がらと豚骨、野菜などを圧力寸胴(ずんどう)で煮込んだコクのあるスープとねぎ油を絡め、表面を少し焦がしてパリッとした食感を出します。キャベツは甘みを逃さないようドーム状に盛ってじっくり蒸します。さらにアジとサバの削り粉、昆布粉などを混ぜた特製の「だし粉」をかけ、うま味を出します。
 卵は3Lと大きめ。一般的には鉄板で薄く焼いて重ねますが、うちは麺の上に落とし、野菜を重ねてつぶします。卵が食材の間に入り込んで固まり、食べる時にバラバラになりません。風味も一緒に包み込むので、味わい深く焼き上がります。


「ソースはブレンド。甘さを抑え、少しスパイシーに仕上げました」と近藤さん

「ソースはブレンド。甘さを抑え、少しスパイシーに仕上げました」と近藤さん

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧