趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【関東地方】ヒロシマ大衆鉄板酒場 ちんちくりん 東京新橋本店

2014/8/21

東京都港区新橋3-21-11新花ビル3F
03-6721-5350

【店長(出身など)】櫻井 周二さん(広島県出身)
【開業】平成24年3月5日
【営業時間】11:30〜24:00(LO 23:30)
【定休日】月曜日
【席数】43席(テーブル20席、座敷12席、カウンター11席)
【ソース】オタフクソース
【そば肉玉】800円
【おすすめ1】生麺ちんちくりん焼 1,200円
【おすすめ2】生麺しょぶり焼 1,300円
【おすすめ3】広島県産カキ昆布 800円
【特徴】キャベツ(産地指定)はじっくりと蒸し焼き、本来の甘みを引き出します。
麺は、片面をサクッと焼きあげ香ばしさを出すとともに、麺本来の甘み、風味を引き出します。
野菜のフワッとした食感、麺のサクサク、もちもちとした食感が特徴です。
【お客さま】サラリーマン・OLが中心です。広島の雰囲気をそのままに、リーズナブルな価格で広島の味をお楽しみいただけます。
【系列店】薬研掘本店、流川店、井口店、立町店、八木店、沼田店、西条店、松山大街道店
【最寄駅】JR新橋駅烏森口 徒歩30秒



この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事