趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市東区】はるみ

2015/3/18

店長:高本 正行さん
広島市東区曙3の3の23
電話:090-5378-7471

【おすすめメニュー】
1.燃えろ!赤ヘル焼き 600円
2.くろおこ 700円
3.しろおこ 600円

【お好みstyle】
 黒田博樹投手の広島東洋カープ復帰を記念して作った「クロだ焼」は、イカ墨ソースを麺に絡め、卵にも混ぜ込み、見た目は真っ黒です。お好みソースを半分にだけかけ、残りは特製のガーリックソルトで味付けします。お客さんが驚いてくれるのが、何よりうれしいですね。
 ラードは使わず、オリーブオイルのみ。さっぱり食べられます。香りのよいアミエビがうま味のもと。キャベツは、ボウルで作ったふたの中でじっくり蒸らします。温野菜と同じで、押さえません。
 「クロだ焼」もそうですが、うちのお好み焼きには、生地がありません。母から店を継いだとき、納得のいく生地ができず、なくてもよいと思って…。お好み焼きに、こうでなくてはいけないという決まりはないと思います。「ええかげん」が信条。この店を気に入ってくれたお客さんに、何度も足を運んでほしいです。


「お金で動かない、黒田投手のような選手はなかなかいない。精いっぱい応援したい」と高本さん

「お金で動かない、黒田投手のような選手はなかなかいない。精いっぱい応援したい」と高本さん

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事