趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市中区】ふみちゃん 流川店

2010/6/1

店長:尾上 武夫 さん
広島市中区堀川町1−20
電話 082-542-8777

【おすすめメニュー】
1.肉玉そば
(AM11:30〜PM2:00は650円) 750円
2.スペシャル(肉玉そば、生イカ、エビ) 1050円
3.野菜肉玉(そばなし) 650円
その他:めんは磯野製めんの生、ソースはミツワ。ふみちゃん特製牛すじ煮込みも好評。ホルモンなど鉄板焼きも豊富。アルコール類も各種揃う。

【お好みStyle】
 おいしく焼くには鉄板を上手に使えるかどうかが要です。鉄板は部分によって約100〜230度と差があります。温度差を利用して、鉄板上を移動させながら焼きます。

 使う食材の特性を知るのも重要。低温でうま味が出る食材もあれば高温のものもあります。それぞれに合う温度で加熱し、食材本来の味を抽出します。もちろん「おいしく作ろう」という気持ちも大事。心掛け次第で味は変わります。

  あっさりとした味わいで、カラッとした食感が特徴です。魚粉の味と香りを大切にしています。生地に振り掛け、野菜とめんにも使って香ばしく仕上げます。めんは生めん。丁寧にほぐして表面をパリッと焼き、生めん独特の風味を中へ閉じ込めます。

 野菜はじっくり蒸して甘みを引き出します。めんと合わせ、上からヘラで勢いよくたたき、余分な水分を一気に飛ばします。「パンパン」と大きな音を出して、店内のムードを盛り上げます。 (つだっち)


「26年焼いていますが、奥が深いですね」と尾上さん

「26年焼いていますが、奥が深いですね」と尾上さん

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事