趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市中区】OKONOMIYAKI ミカヅキ

2011/8/16

店長:坂田 剛さん
広島市中区加古町8−13
電話082-249-1414

【おすすめメニュー】
1.シングル 650円
2.ハーフ 500円
3.ダブル 800円
その他:ダブルは卵も2個、肉、野菜も増量。マスターは焼酎にもこだわりがある。イモ焼酎を中心に約10種類を扱っている。壁にあまり張り紙をしないなど、店内は清潔な感じ。女性も一人で入りやすいようだ。

【お好みStyle】
  素材にはこだわっています。キャベツは軟らかくて、水分の多いものを選んで、たっぷり使います。生地と麺、野菜、肉を押しつけながら蒸し焼きにしたとき、甘みがよく出るんです。豚肉も国産。肉の香りが違うとほめられましたね。麺には天かすなどで下味をつけています。この一手間で全体的に味がつきます。

 トッピングはいか天、ネギ、チーズ。生いかやえびは押さえるとはみ出すので、使いません。オーソドックスなものが費用もかからず、お客さんのリピートにもつながると思います。

 広島生まれの広島育ち。子どものころからお好み焼きは身近な食べ物でした。シンプルなお好み焼きが好きで、1年半、修業した有名店「三八」のスタイルを守っています。

 オープンしてもうすぐ1年。場所柄、観光客の方にもよく利用してくれます。清潔さも心がけ、女性が1人で気軽に入ってこられます。若いお客同士が仲良くなることもあり、交流の場になるのはうれしいですね。(石原)


「シンプルなお好み焼きが好き」と手際よく焼き上げる坂田さん

「シンプルなお好み焼きが好き」と手際よく焼き上げる坂田さん

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事