趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市中区】進(すすむ)

2012/1/31

店長:松岡 進吾さん
広島市中区新天地5-23 お好み共和国2F
電話082-249-8130

【おすすめメニュー】
1.肉玉そば 750円
2.進焼き(肉玉そば、いか天、ネギ) 1100円
3.進スペシャル(肉玉そば、生イカ、エビ、ネギ、カキ) 1500円
その他:サクサクのお好み焼きの生地を使って焼く「進ピッツア」は絶品。塩か特製のたれで食べる「ホルモン焼き」も人気。アルコールも各種そろう。

【お好みStyle】
 キャベツの調理にこだわっています。食べやすいよう軟らかい部分は約3ミリ幅に、硬い部分はそれ以下の幅に切ります。塩をひとつまみ加え、じっくり蒸して甘みを引き出していきます。天かすと豚バラ肉を載せてひっくり返し、キャベツの中心にくぼみをつけます。こうすれば蒸気が効率よく対流し、全体が素早く蒸し上がります。

 麺は生麺をゆでて使います。ラードをかけて強火で焼き、生独特のうま味を閉じ込めます。また、ほぐさずに麺と麺がくっつくように焼き、食べやすくしています。生地は中力粉がメーン。水を一切使わず、卵で溶き、サクッとした食感に仕上げます。(津田)


「お好みソースとの味のバランスが大切」と松岡さん

「お好みソースとの味のバランスが大切」と松岡さん

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事