趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市西区】LOPEZ (ロペズ)

2010/12/20

店長:ロペズ フェルナンド さん
西区楠木町1丁目7−1
電話 082-232-5277

【おすすめメニュー】
1.そば肉玉 720円
2.チキンファフィター 480円
3.牛タン 鉄板焼き 750円
その他:オタフクソース。ビール、日本酒、焼酎、ワイン、テキーラあり。

【お好みStyle】
 中米グアテマラ出身、ロペズ・フェルナンドの店です。1996年に来日。ハワイのレストランで働いていたころに知り合った妻の実家のガレージを改装し、店をオープンしました。

 おたふくソースの教室に通った後、中区薬研堀の「八昌」で4カ月修業。黄身が双子の卵をヘラで伸ばさずめんを載せたり、生地の小麦粉は卵と牛乳入りの水で溶いたりと、「広島風の正統派」八昌の味を忠実に再現しています。お勧めは、お昼(AM11:30-PM2:00)のサービスメニュー。ソバ肉玉入りで630円(ただし、トッピング入りなら680円)。トッピングはメキシコ産の青唐辛子「ハラペーニョ」が人気です。一味唐辛子代わりに出したのがきっかけだけど、チーズにもよく合うし、独特の辛さが病みつきになった常連さんも多いです。

 店内はアメリカ南西部のイメージ。外国人もたくさん来ます。お客とのコミュニケーションを大切にしたいから、漫画もテレビも置かない主義。堅苦しいのはなし。カジュアルで家庭的な会話を楽しみましょう。



この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事