趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市西区】じゃんぼ

2011/3/15

店長:松本 美弥さん
広島市西区井口鈴が台2丁目5−20
電話082-277-5073

【おすすめメニュー】
1.そば肉玉(そば、肉、卵) 650円
2.スペシャル(そばorうどん、肉、卵、イカ天、生エビ) 900円
3.関西風チーズ焼(肉、卵、生イカ、生エビ、チーズ) 850円
その他:タコ焼き(12個入)が360円、マヨタコ(12個入)は420円。

【お好みStyle】
 私は関西出身で、家でよくたこ焼きとお好み焼きを焼いていました。2人の子どもが外で話したのがきっかけで、友達やお母さんたちが食べに来るようになったんです。まるでパーティー。夫に勧められ店を始めようと思いました。

 オープンは1983年です。でも「お金をいただく」以上、今までのお好み焼きではいけません。プロに広島風の焼き方を指導してもらいました。「後は好みで」と言われ、自分で調合した生地を、素早く均等に焼けるように練習を重ねました。

 若い人に人気があるのはチーズ。中に入れるとしっとりします。麺や熱いキャベツにからまり、とろけて糸を引くんです。おいしいですよ。関西風やたこ焼きもあります。

 長く店を続けられたのはお客さんあってこそ。「懐かしい」と寄ってくれる人もいます。これからもつながりを大切にしたいですね。(叶堂)


「3世代にわたるお客さんもいます」と話す松本さん

「3世代にわたるお客さんもいます」と話す松本さん

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事