趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市西区】鉄板焼 晴屋(はれや)

2012/10/3

店長:金川 祐一さん
広島市西区観音町16-32
電話082-548-1516

【おすすめメニュー】
1.ハラミ 600円
2.豚トロ 600円
3.カマの塩焼き 600円
その他:昼はランチあり 750円。Aランチ(お好み焼き、おむすび1個、サラダ、スープ、コーヒー、デザートは+100円)。Bランチ(お好み焼き、サラダ、スープ、デザート、コーヒー)
<鉄板焼きメニュー>タン(1000円)、ホルモンミックス(600円)、ミノ(白肉)(600円)、豚キムチチーズ(自家製キムチ)(600円)、ナスの味噌炒め(400円)など 味噌やキムチは自家製。生ビール中ジョッキは380円とお得。

【お好みStyle】
 こだわりはずばり「素材の質」。もともと焼き肉店をしていたので、肉には特にこだわり、地元の新鮮なものを吟味して仕入れます。常によいものを提供したいので、品質が満足できなければ仕入れないことも。

 お客さんとの距離の近さに魅力を感じ、昨年5月に妻と二人で鉄板焼き店を開きました。お客さんと向き合える楽しさを感じています。

 お好み焼きは、オーソドックスな焼き方で、毎日食べても飽きない素朴な味。キャベツはたっぷり250グラム使います。甘みが出るよう蒸らし、あまり押さえないでふわっと仕上げます。麺はもっちりと焼き上げます。もちろん、お好み焼きにもこだわりの肉を使っていますよ。(柿田)


「鉄板焼きに使うキムチやみそは自家製です」と金川さん

「鉄板焼きに使うキムチやみそは自家製です」と金川さん

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事