趣味・食・遊ぶ

中国新聞SELECT釣りコーナー(コラム「釣りのススメ」)

タチウオジギング パターン変え反応誘う

2017/9/2
イラスト・星出一真

イラスト・星出一真

 この時季からタチウオ釣りが本格化する。夜釣りなら陸からも狙えるが、今回は日中でも楽しめる船からのジギングを紹介したい。手軽さからファンがとても多い。

 道具は船によって細かい指示が異なるが、さおとリール、ジグという単純な組み合わせで足りる。基本的な釣り方は底から20〜30メートルの幅を探る。メタルジグを巻き上げる速度や、アクションのパターンを変えてタチウオを誘う。

 鉛の塊であるメタルジグに命を吹き込む動きをさせてこそ、タチウオがだまされてアタックしてくる。潮などによって食うパターンは刻々と変わる。リールをゆっくり巻くだけで釣れる時があれば、速巻きに反応してくることもある。

 さらに、1メートル巻く間でジグを何回、横向きに寝かせるか、どのタイミングで止めるか。無数にある誘い方をうまく組み合わせる。タチウオが当たってくるパターンを早く見つけ、掛けていくのがこの釣りの難しさであり面白さだ。

 初心者の方は、自分のリールがハンドル1回転で何センチ巻き上げられるかをまず考えてみよう。1回転させる間にジグを何回しゃくり上げるか、1度止めてしゃくるかなど、自分なりに工夫してみるといい。

 この釣りは技術と経験が大切で、上手な人と不慣れな人では、釣果の差が3倍以上に開くこともある。ぜひ挑戦し、その奥深さを体感してみてください。(後迫正憲・大手釣り具メーカーフィールドテスター=呉市)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧