趣味・食・遊ぶ

  広島を中心に、ラーメン、そば、うどん、パスタなど麺に情熱をかけるお店を紹介します。つけ麺やベトナムのフォーも…。行列ができる人気店もたくさん 。中国新聞セレクトの掲載に合わせて、随時追加します。
情熱の麺

【広島市中区】そば 結喜庵(ゆうきあん)

2018/4/5
のどごしと香りのよい「笙幻のもりそば」

のどごしと香りのよい「笙幻のもりそば」

広島市中区幟町8の15
店主 紺野卓也さん

不定休
▽営業時間 午前11時半〜午後2時半、午後5時半〜8時半(ラストオーダーは30分前まで)。
▽Tel082(224)3957

 ▽十割、上品な香りと弾力

 福島産の無農薬のそば粉だけを使った十割そばを打っています。ソバの中心部を使ったのどごしのよい「更科」、殻付きのままひいた香り豊かな「田舎」、双方の魅力を味わえる独自の「笙幻(しょうげん)」の3種類があります。お薦めは「笙幻のもりそば」(1170円)です。小麦粉などのつなぎを使わないので、そば粉に湯を加えて粘りを出して生地をまとめます。太さ1ミリ余りに切った麺を20秒ゆがいて冷水で締めます。透き通った麺の中にソバ殻の黒い斑点があり、上品な香りとぷりぷりした弾力が特長です。

 まず何も付けずに食べて、その後にかつおだしのさっぱりしたつゆに付けて楽しんでください。

 元々父親が兄弟と福島県でそば店を営んでいました。物産展で広島と縁ができ、2000年に市内の百貨店に出店。09年に現在の場所に移転しました。福島の日本酒もあるのでぜひ一緒に味わってほしいです。


「幻といわれる味を目指して独自の笙幻そばを作っています」と話す紺野さん

「幻といわれる味を目指して独自の笙幻そばを作っています」と話す紺野さん


この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧