趣味・食・遊ぶ

ケーブルテレビのページ

尾道の日本遺産をDVDで紹介  ちゅピCOMおのみち

2018/5/24
尾道の日本遺産を紹介するDVD

尾道の日本遺産を紹介するDVD

 尾道の二つの日本遺産を紹介するDVD「尾道 ぶらり日本遺産」を、ケーブルテレビ(CATV)のちゅピCOMおのみち(尾道市西御所町)が作った。「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」と「芸予諸島―よみがえる村上海賊の記憶」の構成文化財や地域の営みを、2巻に分けて収録している。

 「箱庭都市編」は85分。浄土寺や西国寺、常称寺など寺社や仏像のほか、尾道ベッチャー祭りや吉和太鼓おどりなどの民俗芸能を紹介する。「村上海賊編」は105分。因島村上家に関する城跡や史跡を中心に、愛媛県今治市にある文化財も取り上げた。

 いずれも旅人役のリポーターが、関連人物にインタビューしながら紹介。歴史・文化に加え、人々の暮らしや地域愛が伝わる作りになっている。

 ちゅピCOMおのみちが、一昨年から昨年にかけて取材・放映したシリーズ番組を再編集した。各巻3240円。広島県内の啓文社全店のほか、ちゅピCOMおのみちのホームページでも販売している。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧