趣味・食・遊ぶ

  広島を中心に、ラーメン、そば、うどん、パスタなど麺に情熱をかけるお店を紹介します。つけ麺やベトナムのフォーも…。行列ができる人気店もたくさん 。中国新聞セレクトの掲載に合わせて、随時追加します。
情熱の麺

【広島市中区】ラーメン 極屋(きわめや)

2018/11/15
焦がし玉ネギが味に深みを与える牛骨黒ラーメン

焦がし玉ネギが味に深みを与える牛骨黒ラーメン

広島市中区西平塚9−24
店主 岡田章一郎さん

日曜定休
▽営業時間 正午〜午後2時、午後6時〜午前0時(ラストオーダーはいずれも30分前)
▽Tel082(247)1526

 ▽牛骨のうま味、たっぷり

 インパクトのある黒いスープに牛のうま味が凝縮した、しょうゆベースの「牛骨黒ラーメン」(850円)は自信の一杯です。スープのもとは、通称「げんこつ」と呼ばれる大腿(だいたい)骨と赤身のばら肉。弱火で半日以上炊いた後、急速冷凍で1日置き、脂やエキスをじっくり抽出します。

 黒い色の正体は焦がし玉ネギのペースト。香味油を作る際にできたものを無駄なく使います。マイルドな牛骨スープに、ほのかな苦味とこくをプラス。癖になると好評です。麺は三田製麺所(広島市安佐南区)に特注しています。小麦の素材感を生かした、こしの強い細麺です。

 スープに使ったばら肉をほぐし、たっぷりと載せるのも特徴です。赤身から出たスープに合わせるので、味も当然なじみます。肉の繊維が麺に絡み、ボリューム感が増します。ぜひ味わってください。


牛のまろやかな甘味を感じるスープ。岡田さんによると、完成まで約2日かかるという

牛のまろやかな甘味を感じるスープ。岡田さんによると、完成まで約2日かかるという


この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧