趣味・食・遊ぶ

ケーブルテレビのページ

【プラス1】広島市江波山気象館館長の松田智仁さん(62)

2018/11/23
広島市江波山気象館で行っている気象予報について説明する松田さん(右)

広島市江波山気象館で行っている気象予報について説明する松田さん(右)

 広島市江波山気象館(広島市中区)は1992年、全国初の気象をテーマとした博物館として開館した。館内には、風速20bの風を体験できる「突風カプセル」や、水滴で人工的につくった雲の中に入る「タイフーンボックス」などがある。季節ごとの企画展やサイエンスショーなどもあり、気象について分かりやすく解説している。

 松田さんは広島工業大工学部を卒業後、旧広島県五日市町(1985年に合併で広島市に)に入り、広島市などで都市計画や企画の業務に長く携わった。2017年3月に広島市役所を定年退職後、翌4月に広島市江波山気象館の館長に就任した。

 館長として、入館者の推移は気になるところだが、人数だけではなく質の高い展示内容を目指す。気象の原理原則をしっかりと解説し、「自然災害から身を守る行動をするための最低限必要な情報を伝える」と話す。

 松田さんの放送は11月24日〜11月30日。
 放送時間は原則、下記の通りです。※時間変更や放送休止の場合があります。
 ▽ちゅピCOMふれあい、ちゅピCOMひろしま=午前10時〜、午後7時〜、午後11時30分〜
 ▽ちゅピCOMおのみち=午前10時〜、午後4時〜、午後11時30分〜

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧