趣味・食・遊ぶ

  広島を中心に、ラーメン、そば、うどん、パスタなど麺に情熱をかけるお店を紹介します。つけ麺やベトナムのフォーも…。行列ができる人気店もたくさん 。中国新聞セレクトの掲載に合わせて、随時追加します。
情熱の麺

【広島市中区】ラーメン ヒロ商店

2018/11/29
こくと深みのあるスープが特長の「広島ブラック」

こくと深みのあるスープが特長の「広島ブラック」

広島市中区榎町1の29
店主 中本智一さん

水曜定休
▽営業時間 午前11時〜午後2時、午後5時〜午前3時(日曜夜だけ午前0時半まで)
▽Tel082(292)6616

 ▽スープ、豚のうま味凝縮

 ラーメン3種類のうち、しょうゆベースでスープが黒っぽい「広島ブラック」(680円)が人気です。焼き豚の煮汁を加えた元だれには、豚肉のうま味が凝縮しています。

 豚もも肉を濃口しょうゆ、砂糖、みりんなどの甘辛い液に漬けた後、鍋に入れて低温で30分ほど火を通すと焼き豚が出来上がります。これを鍋から取り出し、液に漬け込んだ新たな豚もも肉を鍋に入れ、同様に煮ます。4回以上繰り返すと、煮汁が黒っぽくなっていきます。ラーメン全体の元だれに煮汁を合わせると、まろやかな味に仕上がります。

 スープは豚、鶏、牛の骨と、玉ネギを中心とした野菜で取り、こくを出します。中太の卵麺は田川製麺(広島市西区)に特注。焼き豚とネギ、太モヤシをトッピングしています。9月にオープンしました。行列ができる店を目指しています。


店主とともに店に立つ息子の公遵(ひろゆき)さん。「スープに自信があります」

店主とともに店に立つ息子の公遵(ひろゆき)さん。「スープに自信があります」


この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧