趣味・食・遊ぶ

  広島を中心に、ラーメン、そば、うどん、パスタなど麺に情熱をかけるお店を紹介します。つけ麺やベトナムのフォーも…。行列ができる人気店もたくさん 。中国新聞セレクトの掲載に合わせて、随時追加します。
情熱の麺

【広島市東区】そば そば屋二八十六(にはちじゅうろく)

2018/12/20
「もり汁とくるみだれの2種のそば」の大盛り

「もり汁とくるみだれの2種のそば」の大盛り

広島市東区馬木2の563の12
店主 長谷川祥さん

不定休
▽営業時間
 月―金曜 午前11時〜午後3時半
 土・日曜、祝日 午前11時〜午後3時、午後5〜9時
 ※31日の年越しそばは、麺がなくなるまで営業予定
▽Tel050(1256)3809

 ▽つゆ寝かせ、うま味熟成

 小麦2割、そば粉8割の二八そばは、喉越しと食感の良さが特長です。この店名は、二八そばの「二八」や、家族と縁がある数字だったことが由来です。広島市内のやぶそば店で修業し独立しました。

 そば粉に満遍なく水を回し入れ、まとめていく技術は、経験を必要とします。そば粉が水を欲しているところに均等に行き渡らせます。そばをしっかりゆでて、氷水で締めて風味を出します。つゆのもとになる調味料を直接火にかけないで湯で温め、昆布とかつお節のだしと合わせます。さらに2週間以上寝かせ、うま味を引き出すのがこだわりです。

 お薦めは「もり汁とくるみだれの2種のそば」(950円。大盛り1112円)。くるみだれはみそ味、つけだれはしょうゆ味で量が多くても飽きません。並盛りは3玉分。少なめの2玉分もあります。


「手頃な値段でおなかいっぱいそばを食べてほしい」と話す長谷川さん

「手頃な値段でおなかいっぱいそばを食べてほしい」と話す長谷川さん


この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事