趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市東区】てる

2011/2/22

店長:渡辺 材栄さん
広島市東区光町2−8−1 
電話082-573-8818

【おすすめメニュー】
1.お好み焼き(そば・肉・卵・いか天) 750円
2.お好み焼き(そば・肉・卵・青とうがらし) 750円
3.ホルモンうどん 800円
その他:そば肉卵は650円。カシラ焼き(豚の頭肉)、ガツネギ(豚の胃袋)、「もやしだらけ」(モヤシと豚三枚肉)、「お好み屋さんのピザ」などユニークなメニューも。

【お好みStyle】
 サラリーマン時代、18年ほど東北地方で暮らしました。お好み焼きが食べたくても店がない。よく自分で焼いていました。

 店を始めて3年目。焼き方は我流です。工夫しているのは、蒸し麺を焼くときにネギを少し交ぜること。風味がぐんと良くなります。トッピングでは香りと辛みが楽しめる青トウガラシがおすすめです。

 母が家で作っていた「キャベツキムチ」を受け継ぎ、店でも出しています。シャキシャキ感があり、ホルモンうどんや豚キムチなどの料理にも使います。

 お客さんの好みは実にさまざま。「麺はパリパリに焼いて」「よく押さえて」など、細かい要望に応えます。後で自分でも試してみて、お客さんが何を求めているのかを考えます。自分の味を押し付けるだけでなく、食べる人の思いもくみ取っていきたい。「おいしい」と言われるのが、やはり一番うれしいですから。(上水流)


「自分が食べておいしいと思うものを」と心を込める渡辺さん

「自分が食べておいしいと思うものを」と心を込める渡辺さん

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事