趣味・食・遊ぶ

  広島を中心に、ラーメン、そば、うどん、パスタなど麺に情熱をかけるお店を紹介します。つけ麺やベトナムのフォーも…。行列ができる人気店もたくさん 。中国新聞セレクトの掲載に合わせて、随時追加します。
情熱の麺

【広島市中区】そば 浅枝

2019/11/7
「鴨ざる」。プラス200円で二八から十割そばに変更できる

「鴨ざる」。プラス200円で二八から十割そばに変更できる

広島市中区立町6の7酔心本店1階
店主 浅枝維史(しげふみ)さん

水曜、第3火曜定休
▽営業時間 午前11時半〜午後3時(土、日曜と祝日は午前11時半〜午後5時)
▽Tel082(242)6566

 ▽喉越しつるっと「豊平流」

 広島料理専門の食事どころ「酔心」の手打ちそば店です。冷たいそばを温かいつゆに漬けて食べる「鴨ざる」(1500円)の注文が増えてきました。

 そば粉は今、北海道雨竜町産の新そばを使用。甘味、香り、色のバランスが良いのが特長です。つるっとした喉越しになるよう、水加減や太さなどに気を配り、毎朝丁寧に打っています。つゆは、本枯れ節、利尻昆布、肉厚な傘が特徴のどんこシイタケをじっくり煮出します。そばと相性の良い長野県産のしょうゆなどを合わせ、少し濃いめに仕上げます。カモ肉はハンガリー産。焼いて脂を落とした後、蒸してふっくらさせます。つゆに、さんしょうや黒七味をかけると味の変化が楽しめます。

 広島県北広島町で約10年腕を磨いてきました。そば打ち名人、高橋邦弘さんの教えを生かした「豊平流」の手打ちをぜひ味わってください。


「平日は1.5キロの玉を4、5回打っています」と話す浅枝さん

「平日は1.5キロの玉を4、5回打っています」と話す浅枝さん


この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧