運動部デスク日誌

隔年

2019/12/14

 かつて本欄で、陸上の山縣亮太の「隔年の法則」を紹介したことがある。奇数年には故障などで苦しいシーズンを送り、偶数年には驚くほどの快走を続ける。近年でいえば、2016年のリオデジャネイロ五輪で100メートルの自己記録を塗り替え、400メートルリレーで銀メダル。18年には自己新の10秒00をマークしたが、今季は故障に苦しみ、世界選手権出場を逃した。
(ここまで 168文字/記事全文 612文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事