趣味・食・遊ぶ

talk(トーク)悩むあなたと

お悩みO「自分に合う部活動 どう選ぶ」

2020/6/14

 部活動は仲間と関わることが多いので、一番話しやすくて親友と言える人と同じ部に入った方がいいと思います。話せる人がいないと、孤立しやすいです。(広島市・高校1年男子・15歳)

 私の場合は、体育系の希望でバレーボール部かバスケットボール部でどちらにしようか悩みました。決め手は、そのスポーツに対する興味の深さです。見学の時の先輩の様子も参考になるかもしれませんね。
(広島県府中町・中学1年女子・12歳)

 部活動では自分だけではできないこと、家ではできない活動ができます。楽器、機器、道具などの設備は、なかなか自分では準備できません。また、人とのつながりが生まれ、コミュニケーション能力や知識、技能、感性、表現力が身に付きます。自己達成感が得られ、他者からの評価により、客観的な見方ができるようになります。ポスト、地位が人を成長させることもあります。不安なら、事前に先生や友達に相談してはいかがでしょう。学校によっては、途中退部、他の部への再入部を認めています。とはいえ、無理に入部しなくてもいいのです。帰宅部もけっこういます。(広島市東区・元教員男性・64歳)

 私は、運動が苦手だったので文化系にしようと決めていました。最初、姉と同じ部にしましたが、後から自分に合う部、やりたいことは何かをよく考えてから選べばよかったと思いました。部に入ってからも友達はできますが、入学して仲良くなった友達と相談するのも良いと思います。じっくり悩み、選んでください。(広島市佐伯区・会社員男性・44歳)

 どこの学校も体験入部があると思うので、そこでいろいろな部活を回ってやりたいことを見つけたらいいと思います。(広島県府中町・高校2年女子・16歳)

 動機としては多少不純かもしれませんが、気になる同級生、先輩が所属している部に入ってみるのも一つの手段かと思います。好きな人と同じ時間、同じ行動を共有することで、その活動を楽しめて、さらに技術的にも上達しようという気持ちになれるでしょう。「千里の道も一歩から」。何ごとも最初の一歩を踏み出す勇気と気持ちが大切です。まだ始まったばかりの青春、楽しもうという気持ちを持って頑張りましょう。(広島市中区・会社員男性・40歳)

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧