趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市南区】もみじ

2011/3/8

店長:宮地 徹さん
広島市南区東雲2丁目10−10
電話082-286-0444

【おすすめメニュー】
1.もみじ焼(そば、豚肉、卵、ネギ、大葉、ちりめんじゃこ) 750円
その他:「そば肉卵」は600円。すじ肉の煮込みがお薦めです。

【お好みStyle】
 私は尾道市の因島出身で、自宅には造船会社勤務の友達が作ってくれたお好み焼きの鉄板があるんです。お気に入りの麺を使って、よく焼いていました。趣味が高じて店を持つことに。2月に開店し、私たち夫婦といとこで切り盛りしています。

 うちのお好み焼きは玉ネギも入れていて、お客さんから「甘みがある」と好評です。3人が焼いているので、休憩時間にはいろいろな具材を試しています。その中から生まれたのがおでんのゆで卵。スライスして中に入れるとなじむんですよ。

 看板メニューは「もみじ焼」。キャベツとそばの間に卵を挟んでいます。ヘラで切った瞬間、中から卵の黄身がとろり。カリカリの麺と食感の違いが楽しめます。ネギや大葉、ちりめんじゃこも載せるのでおいしさが広がります。

 これからも新しいメニューを作り、家族が気軽に寄れる店にしたいですね。(叶堂)


「青のりの風味もいいですよ」と笑顔の宮地さん

「青のりの風味もいいですよ」と笑顔の宮地さん

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧

 あなたにおすすめの記事