運動部デスク日誌

失われた経験

2020/8/14

 コロナ禍の状況下では仕方ないことだと重々、理解している。当然の選択であることも。それでも素直に割り切れない思いがある。12日に予定されていたJリーグのYBCルヴァン・カップのサンフレッチェ広島―鳥栖が中止となり、さらに代替試合を行わないことも決まった。
 中止の原因となった鳥栖の新型コロナウイルス感染者は計10人に上り、25日までの活動自粛となった。代替試合を組むとすればそれ以降になるが、ルヴァン杯は9月2日から準々決勝が始まる。その間に試合を入れるのは極めて厳しい。
 それに両チームとも1次リーグ敗退が決まっている。代替試合をやったとしても「消化試合」になるから、無理にやる必要はないとの判断もあったのだろう。たかが1試合とはいえ公式戦が失われたのは痛い。
 特にカップ戦は普段は出場機会の少ない選手がプレーできる貴重な場。観客が入ってテレビ中継もされる試合では、練習試合とは比べられないほどの経験値を得られる。この1試合で、飛躍のきっかけをつかむ選手がいたかもしれない。プロの壁を痛感し、さらに精進しようと決意する選手がいたかもしれない。
 担当記者によると、サンフレの若手選手たちは鳥栖戦に向けて腕をぶし、中止の決定には落胆していたという。彼らを思うと何ともやりきれない。(日野淳太朗) 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧