運動部デスク日誌

サンパイオ

2020/8/21

 =20日からの続き。
 サンパイオと過ごした2003年シーズンは、長く苦しい戦いの日々だった。小野監督は「J1で優勝争いできるチーム」を合い言葉に、相手を圧倒する攻撃サッカーを掲げた。J2屈指の戦力で開幕から10連勝。しかし対戦が2巡目に入って、勢いは止まった。
 相手に徹底に研究された。引いて守られるというJ2特有の戦術の前に、攻め手を失った。バランスを崩して攻め込み、カウンターを受けて失点した。勝ち点が伸びず、小野監督も迷走。最後は守備的なサッカーで対抗するようになる。動揺する選手たちの呼吸を整えたのがサンパイオだった。「面白くない、楽しくないサッカー。それでも、このサッカーでJ1へ行く」。あえて自らが選手の思いを代弁することで、不平不満を抑え込んだ。
 サンパイオが伝えようとしたのは、信じることの大切さだった。「日本の選手は信じることを知らない。私はその大切さを知っている」。新潟、川崎と三つ巴になった昇格争い。最終盤の戦いに向け、自らTシャツをつくって、チームメートに贈った。胸には「J1復帰 それは神様の後押しによって」。選手はユニホームの下にそのTシャツを着て、重圧に打ち勝った。彼がいなければ、サンフレのその後の歴史は変わっていたに違いない。
 翌2004年6月26日。日本ラストゲームはアウエー磐田戦だった。試合終了後、サンパイオは東京国際空港へと向かうため、一人タクシーでスタジアムを離れた。駅へと向かう道には、両チームのサポーターが人垣をつくり、拍手で見送っていた。その光景を見つめながら、彼が日本サッカー界に残したものの大きさをかみしめていた。
(小西晶)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧