趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市南区】おっこん商店

2013/1/16

店長:宮武 哲広さん
広島市南区段原2丁目14−9
電話082-263-7246

【おすすめメニュー】
1.山かけ納豆(山芋、納豆、ネギ) 880円
2.明太マヨチーズ(明太マヨ、チーズ) 980円
3.宮島カキねぎ(カキ、ネギ) 1180円
その他:とりあえず枝豆180円、一口やっこ180円、本格釜山キムチ380円、うまいチャンジャ380円、気まぐれサラダ480円、明太クリーム玉子焼480円、牛ホルモン780円、牛肉の野菜炒め980円、牛タンステーキ980円、白肉の天ぷら720円、小エビとブロッコリーのマヨネーズ炒め580円、ギョーザ(5ヶ)280円、フライドポテト200円、野菜スティック(バーニャカウダーorみそソース)300円、山芋のバターソテー380円、せせりの天ぷら380円、やげん軟骨のから揚げ380円、ホーレン草とベーコンのバターソテー400円、せせりのみそ炒め400円、白肉の鉄板焼680円、チーズオムレツ480円、大粒かきのバター炒め780円、手作りハンバーグ480円

【お好みStyle】
 お薦めは「山かけ納豆」です。納豆1パックをまるごと使い、しっかり練ってうま味を出してから中に入れるのがポイント。とろろの山かけは仕上げにトッピングします。ヘルシーで女性に人気です。

 お好み焼きは素材のおいしさが生きるように、押さえずふっくらと仕上げます。麺はお好み焼き用に開発された松乃屋製麺所の生麺で、湯切り後は鉄板で丸く形を整え、片面だけを焼き半パリにします。

 本通りのサンモール地下に店を構えていましたが、夜も営業したくて昨年6月に移転しました。サラリーマンや地元の方に来ていただき、毎日にぎやかです。試行錯誤しながら考えた鉄板メニューもどうぞ。(柿田)


「素材の味のバランスを考えて焼いています」と宮武さん

「素材の味のバランスを考えて焼いています」と宮武さん

 あなたにおすすめの記事

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

記事一覧