趣味・食・遊ぶ

炎の鉄板:広島風お好み焼き紹介

【広島市中区】蔵屋

2013/12/4

店長:木下 賢二さん
広島市中区大手町3丁目8の4 1F 
電話082-545-2242

【おすすめメニュー】
1.蔵屋スペシャル
   (ネギ、イカ天、シソ、そばorうどん) 1000円
2.山芋焼き
  (カイワレ、シソ、山芋、そばorうどん) 1100円
3.マチョーキー
  (ネギ、納豆、マヨネーズ、卵、そばorうどん) 1200円
※平日昼は、お好み焼きの各メニューが通常価格より200円引き

その他:「肉玉そば」の値段■ 700円(平日昼は500円)
他のお好み焼きには、砂ずりを入れた「尾道焼き」、ハラペーニョをのせた「メキシカン焼き」などがあり、トッピングには、刻んで鉄板で焼いたトマト、大根おろし、納豆、豆腐なども。お酒では、地酒のほか「お好み焼き専用ビール」(700円)やワインも揃えている。夜は多彩な鉄板焼きのサイドメニューも人気で、お好み焼きを加えた料理10品の飲み放題コース(2時間)もある。
広島県観光キャンペーン「おしい!広島県」のPR動画のロケが行われた店でもあり、フェイスブックでも情報発信している。

【お好みStyle】
 さっぱり風味の「山芋焼き」は、女性にも人気です。生地にはサバの削り節を散らし、キャベツはざく切りを使います。

 生麺のそばは、鉄板でしっかりほぐして広げ、丁寧に焼くのがこだわりです。コテで押さえず、麺の焼き面をキャベツに当てて水分を引き出します。山芋とろろとたっぷりのカイワレを載せ、さらにゴマと刻みのりで仕上げます。

 銀山町のお好み焼き店から今春独立し、7月に開店しました。酒どころ広島にちなんだ名前の通り、店内は酒蔵をイメージしており、広島周辺の地酒も味わえますよ。

 平日昼限定のお好み焼き200円引きのサービスが好評で、夜は鉄板焼きメニューも充実しています。観光客の来店も多いので、広島のいいものをたくさん紹介できる店にしたいですね。


「麺の一本一本に火が通るように心掛けています」と話す木下さん

「麺の一本一本に火が通るように心掛けています」と話す木下さん

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧