運動部デスク日誌

記者投票の行方

2020/11/14

 カープは全日程が終了し、若手は宮崎県でフェニックス・リーグに参戦中。日本シリーズが残っているとはいえ、気分的にはすっかりオフ突入といった感である。そんなことを話していると、「ちょっと待て」とツッコミが入った。大事なことを忘れてはいないか。そう、森下の新人王である。
 そこで、気になるのが「記者投票」の行方である。最優秀新人(新人王)、最高殊勲選手(MVP)、ベストナインは記者の投票で選出される。投票の権利があるのは、北海道、東北、東京、中部、関西、広島、九州など日本新聞協会の運動記者クラブに加盟する新聞社、通信社、放送局で5年以上取材経験のあるプロ野球担当記者。私もカープ担当時代に何度も投票してきた。
 気になるのは、その投票行動である。記者投票は、「西と東の代理戦争」となる傾向がある。昨年も東の村上(ヤクルト)、西の近本(阪神)が票数を争った。今年、森下のライバルとなるのは2年目の戸郷(巨人)。広島よりも記者数で大きく上回る東京の票が戸郷に集まるならば、森下とはいえ、気が気ではないだろう。
 現在、森下の10勝(3敗)に対し、戸郷は9勝(6敗)。巨人は14日に1試合残しており、勝ち星が並ぶ可能性はある。ただ、同勝数になったとしても、防御率を含め、球界に与えたインパクトを考えれば、迷う選択ではないはずだ。発表は12月中旬。広島のファンと喜びあえる日がくることを信じている。
(小西晶)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧