運動部デスク日誌

同日に2020年王者決まる

2020/11/26

 25日夜にプロ野球とJリーグで今季の王者が決まった。プロ野球の日本シリーズではソフトバンクが4連勝で4連覇を達成し、Jリーグでは川崎の2年ぶりの制覇が決まった。同日に野球、サッカーの日本一が決まるのは初めて。歴史的な一日となった。
 野球の日本シリーズは通常、11月の上旬で終わる。ことしは新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れ、同月下旬の開催となった。Jリーグは例年、12月まで優勝争いはもつれるが、今季は川崎が独走態勢を築き、残り4試合を残して早々と優勝を決めた。まれなケースは、激動の2020年だからこそ起こりえたといえる。
 ソフトバンク、川崎に共通していえることは、圧倒的な強さを見せつけたことだ。他を寄せ付けない強さは真のチャンピオンといえよう。そして何より、コロナ禍で一時は開催も危ぶまれたが、こうして2020年の王者誕生まで見ることができた。選手、関係者の尽力があってこそだ。
 少しずつではあるが、スポーツを楽しめる状況が戻ってきたことをかみしめている。だが、われらがカープ、サンフレッチェは優勝争いには絡めず、残念ながら蚊帳の外…。職業柄、日本一を決める舞台で地元チームを取材したいという思いは変わらない。
(下手義樹)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧