カープ

球団70年を彩った男たち

  • <17>カープ記者一代記 (3/10)

     ▽ファンの心映し愛着にじむ筆致 初Vで集大成 1975(昭和50)年10月15日、後楽園球場。悲願の優勝達成にカープナインが泣き叫んでいたころ、同球場の記者席でも感涙にむせぶ記者がいた。中国新聞でコ...

  • <16>悲願の初V 街燃える (3/9)

     ▽「泣かせてくれ」 美酒が回る、バンザイ大合唱 1975(昭和50)年10月15日、後楽園球場。時計の針は午後5時18分を指していた。4―0と広島リードで迎えた九回裏、巨人の攻撃もツーアウト。マウン...

  • <15>歓喜のプロローグ (3/7)

     ▽赤ヘル旋風到来 悲願達成へファンの心結集 昭和40年代のカープは、シーズン序盤には上位をうかがうものの、こいのぼりの季節が過ぎるころ息切れするのが常だった。1972(昭和47)年から74年までは3...

  • <14>優勝させる会旗揚げ (3/6)

     ▽「出来の悪い子」じれったい 作家ら一肌脱ぐ 「出来の悪い子」ほどかわいいと言う。1950(昭和25)年の球団創設から60年代半ばになっても、万年Bクラスに甘んじていたカープがまさにそうだった。

  • <13>球団育て36年 日南 (3/5)

     ▽陸の孤島の人情 資金不足のキャンプを救う 広島から南南西へ約330キロ。日向灘に面し、マグロ、カツオの遠洋漁業の基地として知られる宮崎県日南市。交通の便の悪さから、「陸の孤島」と呼ばれていたこの街...

  • <12>待望のナイター球場 (3/4)

     ▽市議奔走し実現 球団財政救い市民に夢と希望 ファン待望の広島市民球場がついに完成した。1957(昭和32)年7月22日午後6時33分。完工式に続く、広島と南海の2軍同士のオープン戦を途中で中断。照...

  • <11>ファン暴走、選手けが (3/3)

     ▽犯人名乗り出ず 身代わり出頭、球団の窮地救う 市民球団として誕生したカープ。その生い立ちからファンの応援は他球団に比べ、より熱狂的である。ただ、かわいさゆえに時に暴走を繰り返し、汚名を全国にさらし...

  • <10>素人スカウト走る (3/2)

     ▽郷土愛が支え ファン自ら懸命の勧誘活動 今年4月20日、広島市民球場での広島―巨人戦。その試合の始球式にカープOBの川本徳三さん(64)=広島市佐伯区五日市=は、晴れやかな表情でマウンドに登った。...

  • <9>若ゴイを育てた島 (2/29)

     ▽相手は進駐米軍 江田島挙げ交流試合支える カープが誕生して間もないころ、瀬戸内の島で若ゴイが大リーガーと対戦していた。

  • <8>小鶴と金山を取れ (2/28)

     ▽募金や手紙作戦 市民の情熱、夢たぐり寄せる いばらの道をたどりながらも、何とか命脈を保った球団創設期のカープ。当時、なけなしの金をはたき球団を救った市民も、苦難続きの中で、優勝という途方もない夢を...