カープ

成績

  • 【ダッグアウト】7月24日中日戦 (7/24)

     広島・小園(報徳学園高時代に対戦がある市西宮高出身の山本から右前打を放つ)「1本打てたので良かったし、もっと1軍の舞台で対戦できたらいい。(3試合連続安打だが)まだ適時打がないので、チャンスで1本打...

  • 7月23日中日戦 (7/23)

     ◇広島―中日15回戦(広島9勝6敗、18時00分、マツダスタジアム、32163人)

  • 7月23日中日戦 安部、十回サヨナラ弾 「完全に覇気」逸機を挽回 (7/23)

     ファンとチームの希望を乗せ、打球は左翼席で弾んだ。スタンドの熱気はピークに達し、ベンチの興奮も最高潮。お立ち台に行く直前、ヒーローは破顔一笑した。「よっしゃー」。安部が試合にけりをつけた。

  • 7月23日中日戦 波乗るバティ2発 (7/23)

     バティスタが試合を大きく動かす2発を放った。三回には大野雄の144キロをフルスイングし、左翼席後方の防球ネットにぶち当てる特大の先制ソロ。「直球のタイミングに合わせていい反応で打つことができた」と笑...

  • 7月23日中日戦 アドゥワ、また中盤つかまる (7/23)

     先発アドゥワがまたしても中盤につかまった。「点を取ってもらってすぐに失点してしまった。中継ぎの人たちに申し訳ない」とさえない表情だった。

  • 【ダッグアウト】7月23日中日戦 (7/23)

     広島・菊池保(五回無死一塁から登板。三者凡退に抑え、中日打線の勢いを断つ)「追加点を与えてはいけない状況だった。ゼロで抑えれば逆転のチャンスがある。一人一人意識して投げた」

  • 7月21日巨人戦 (7/22)

     ◇広島―巨人14回戦(広島9勝4敗1分け、18時00分、マツダスタジアム、31818人)

  • 7月21日巨人戦 鈴木が十回サヨナラ打 首位Gに3連勝、冷静に4番の仕事 (7/22)

     興奮度が増していく球場で、鈴木は心を静めて打席に向かった。1―1の十回、バティスタが申告敬遠され1死満塁。「この野郎という感情もなく、自分のやるべきことをやる」。内角の149キロを捉えたどん詰まりの...

  • 7月21日巨人戦 九里熱投、8回1失点 (7/22)

     8回1失点の熱投を見せた九里は「一人一人という気持ちでマウンドに上がっていた。結果的に(長い回を)投げられて良かった」と満足そうだった。

  • 7月21日巨人戦 西川が初の先頭打者弾 (7/22)

     西川が自身初の先頭打者本塁打をかっ飛ばし、「新鮮ですね」と照れ笑いを浮かべた。