カープ

話題

  • 新人矢野、打撃で存在感 「守備もどこでも守る」とアピール (2/9)

     アピール度では栗林、森浦、大道の即戦力投手3人衆に負けていない。広島の新人野手で唯一1軍キャンプに臨んでいる矢野が、連日ハッスルしている。 評価が高かった守備以上に、打撃で存在感を高めている。7、8...

  • ドラ3大道、期待大の2奪三振 指揮官は中継ぎ起用示唆 (2/8)

     新戦力右腕への期待感が膨らんだ。ドラフト3位の大道が初の実戦形式のマウンドとなるシート打撃に登板。打者5人と対戦し1安打に抑え、2三振を奪った。「アピールする場なので腕を振っていかないと話にならない...

  • ドラ2森浦は修正点を冷静分析 (2/8)

     ドラフト2位の森浦がシート打撃に初登板し、打者4人に対して無安打1四球。「変化球は良かったが、直球を内角に投げ切れていなかったのでしっかり修正したい」と冷静に自己分析した。

  • 2年目石原「チーム1号」アーチ (2/8)

     実戦形式のシート打撃で、石原が「チーム1号」となる中越え弾を放った。「いい感触はあった。いい角度で上がってくれた」と頬を緩めた。

  • 【こぼれ球】野間の「振るタイム」と「フルタイム」 (2/8)

     「振るタイム」は年下の選手と同じくらい長かった。28歳の野間である。

  • 高橋昂、3軍調整へ 左腕に打球直撃 (2/8)

     広島の高橋昂也投手(22)が8日、11日の第3クールから沖縄市での1軍キャンプを離れ、3軍で調整する見通しとなった。7日のシート打撃で左腕にライナー性の打球が直撃。沖縄市内の病院で検査を受けていた。

  • 床田「直球の強さ、自分でも手応え」 (2/8)

     調子が一向に上向かなかった1年前とは別人のような姿である。広島の床田が8日にシート打撃に初登板。打者9人に36球を投げ、無安打に抑えた。「直球の強さが全然違う。自分でも手応えがある」と振り返った。

  • 遠藤、低め意識し136球 (2/8)

     広島の遠藤が8日、ブルペン入りを志願し、セットポジションで136球を投げた。「突っ込んでしまう感覚を直す意識で。だいぶ、気持ち悪さは無くなった」と手応えを示した。

  • 打球受けた高橋昂、別メニュー調整 (2/8)

     7日のシート打撃で左腕にライナー性の打球を受けて練習を早退していた広島の高橋昂が8日、別メニュー調整となった。午前10時ごろ、全体練習前の円陣に姿を現した後、ウオーミングアップには参加せずベンチ裏へ...

  • 森浦と大道、初シート打撃に臨む (2/8)

     広島の森浦と大道が8日、初めてシート打撃に臨む。ルーキーコンビの実戦形式でのマウンドに注目が集まる。 初のキャンプを順調に過ごしている2人。4日のフリー打撃にそろって投げ、佐々岡監督から「ブルペン以...