カープ

球炎

  • 5月7日DeNA戦 「猫の目内野陣」の難しさ (5/7)

     「猫の目打線」の話は以前にした。5月に入っても、打線は連日のように変わっている。その効果について、ここで論じるつもりはないが、副産物から目を背けるわけにはいかなくなった。先発メンバーが変わることから...

  • 5月6日DeNA戦 過信が築いた凡打の山 (5/6)

     「何で負けたの…」。そんな心の声が、スタンドのあちらこちらから聞こえてきそうだ。失望の原因は4連敗という結果ではなく、その内容にあるのは明らか。「負けるのが難しい試合」で負けた。そんなへまをしていて...

  • 5月5日巨人戦 苦しむ堂林 決意本物か (5/5)

     球史に偉大な足跡を残した両雄の国民栄誉賞を祝い、こどもの日のプレーボールは掛かった。巨人ファンは往年を懐かしんでも、わが子たちはミスターもゴジラも知らない。でも堂林なら知っている。広島ファンがこの試...

  • 5月4日巨人戦 打者嫌がる内角攻めを (5/4)

     打者に嫌がられる。投手にとってこれほどの利点はない。速球に過敏に反応して狙い打とうと試みても、あえて力勝負を挑まれミスショットを量産。赤ヘル打線の「菅野アレルギー」は深刻度を増している。

  • 5月3日巨人戦 同じ轍を踏んでいては (5/3)

     開いたかに見えた風穴が、いつの間にかふさがっている。東京ドームとは、カープファンにとって何とも息苦しい場所である。五回に奪った4点はここでの連敗からの脱出口になると信じて疑わなかったが、希望の光はわ...

  • 5月1日阪神戦 選球眼で榎田を攻略 (5/1)

     「カープ打線はコイではなく、ダボハゼだ」。昨季はこんな評判をよく聞いたが、今季はひと味違うらしい。何にでも食らい付くどころか、球を見極め、吟味し、組織的に相手投手を攻略する。トラを仕留めたのは、リー...

  • 4月30日阪神戦 福井の起用法 再検討を (4/30)

     今季ワーストの11失点を見届ける中で、感じたことがある。先発投手の重要性がその一つであり、広島先発陣の危機的な現状も再確認した。もう一つが伸び悩み、もがき苦しむ若手右腕の適性だ。福井の中継ぎ起用は再...

  • 4月29日阪神戦 普通貫き「不思議な勝ち」 (4/29)

     一球、ワンプレーで優勢、劣勢が入れ替わるのが野球の醍醐味(だいごみ)だろう。阪神担当の知人が「今季最低のゲーム」と嘆いたように、最大の勝因は相手の信じ難い拙守。「勝ちに不思議な勝ちあり」の格言を地で...

  • 4月28日中日戦 中日への苦手意識不要 (4/28)

     驚天動地である。ルイスの大爆発も想定外だったが、もう一つある。中日の変貌ぶりだ。この日ほど楽に勝たせてもらった試合は記憶にない。

  • 4月27日中日戦 ルイス 見極めの時期 (4/27)

     「猫の目打線」は野村野球の専売特許になりつつある。昨季は108通り。今季は24戦目で、すでに18通りである。エルドレッド離脱の影響は大きいが、この選手も固定できない要因となっていよう。3、5、7番と...