カープ

3月31日巨人戦 九回3失策3失点 悲鳴とため息

2019/3/31 23:14
【広島―巨人】九回、巨人1死三塁、坂本勇に適時打を浴び、降板する中崎(撮影・安部慶彦)

【広島―巨人】九回、巨人1死三塁、坂本勇に適時打を浴び、降板する中崎(撮影・安部慶彦)

 ばたばたと崩れていった。同点に追い付いた直後の九回、立て続けに三つの失策が起きて3失点。普段は相手の脅威となる3万人の歓声は、悲鳴とため息になって渦巻いた。発端となる失策を犯した安部は「チームにも投手にも申し訳ない」と口元を結んだ。
(ここまで 117文字/記事全文 481文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 九回、巨人無死、ビヤヌエバの三ゴロをファンブルし、天を仰ぐ安部(撮影・安部慶彦)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧

  • 5月12日ヤクルト戦 (5/12)

     ◇ヤクルト―広島7回戦(ヤクルト4勝1敗2分け、17時30分、神宮、7979人)

  • 5月12日ヤクルト戦 コイ打線、遠い1点 0―0ドロー、20イニング無得点 (5/12)

     1点あれば勝てた試合で1点が遠かった。打線は今季8度目の零封で、20イニング連続無得点。力投していた先発森下を援護できなかった。佐々岡監督は「辛抱強くやらなきゃいけない。何かのきっかけで変わってくれ...

  • 5月12日ヤクルト戦 森下力投、7回無失点 (5/12)

     先発森下は今季最多の127球を費やして7回を無失点に抑えた。「テンポが悪く、力で力でいってしまった」。プロ入り最多の6四球を与えるなど制球に苦しみ、毎回走者を背負ったが、要所で踏ん張った。

  • 5月12日ヤクルト戦 正随、プロ初先発 しぶとく1安打 (5/12)

     「7番・左翼」でプロ初先発した3年目の正随が二回、今季初安打を放った。「緊張した」という第1打席は無死一塁。2球で追い込まれたが、「積極的にいった」。内角低めの変化球をしぶとく左前へ運んだ。

  • 5月9日中日戦 (5/9)

     ◇中日―広島8回戦(広島4勝3敗1分け、14時00分、バンテリンドームナゴヤ、9211人)