カープ

4月14日DeNA戦 打線あと1本が出ず

2019/4/14 19:27

 打線は終盤食らいついたが、タイムリーが出なかった。七回は鈴木、バティスタに連打が飛び出すと、西川が犠打を決めて1死二、三塁。だが会沢と安部がいずれもパットンのスライダーに空振り三振。捕逸による1点しか返せず、会沢は「あそこは三振が一番駄目」と反省した。
(ここまで 127文字/記事全文 240文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧