カープ

4月23日中日戦 小窪が殊勲

2019/4/23 23:46
【広島―中日】九回、小窪

【広島―中日】九回、小窪

 鋭くもなく、華麗な流し打ちでもない。速球に差し込まれたどん詰まりの打球は、二塁手が差し出すグラブの先にしぶとく落ちた。「何でも良かった。勝ちたい一心」。12年目で初のサヨナラ打の高揚感に浸る間もなく、小窪はナインの手荒い祝福に身を委ねた。
(ここまで 120文字/記事全文 502文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧