• トップ >
  • カープ >
  • 成績 >
  • 5月3日巨人戦 駆けるコイ、終盤底力 機動力で連勝、4位浮上

カープ

5月3日巨人戦 駆けるコイ、終盤底力 機動力で連勝、4位浮上

2019/5/3 23:39
【広島―巨人】八回、広島1死一、三塁、西川の左犠飛で三塁走者曽根(右端)が生還し、4―3とする(撮影・河合佑樹)

【広島―巨人】八回、広島1死一、三塁、西川の左犠飛で三塁走者曽根(右端)が生還し、4―3とする(撮影・河合佑樹)

 ギャンブル気味の勝負手は、吉と出た。同点の八回1死一、三塁、西川の左飛は明らかに浅い。構わず三塁の曽根は体をかがめた。タッチアップ。左翼手重信の送球がそれる。勝ち越し生還。「多少浅くてもいけると思った。勇気を持っていった」と息を吐いた。
(ここまで 119文字/記事全文 493文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧