カープ

5月10日DeNA戦 床田悔し、6失点 今季最短5回降板

2019/5/10 23:40
【広島―DeNA】四回、DeNA2死満塁、今永に適時内野安打を喫し、さらに自身の一塁悪送球で計2点を失い、悔しがる床田(撮影・山崎亮)

【広島―DeNA】四回、DeNA2死満塁、今永に適時内野安打を喫し、さらに自身の一塁悪送球で計2点を失い、悔しがる床田(撮影・山崎亮)

 床田の勢いは今永に食い止められた。リーグ防御率1位左腕との投げ合い。持ち味の制球を乱して5四球と6失点は自己ワースト。「四球を連発しすぎた。(自らの)失策で点を取られていい流れで攻撃に持っていけなかった」。自身の連勝は4で止まり、顔をしかめた。
(ここまで 123文字/記事全文 479文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧