• トップ >
  • カープ >
  • 成績 >
  • 5月29日ヤクルト戦 鈴木、打って走って本領 15号・3打点に隙突き生還も

カープ

5月29日ヤクルト戦 鈴木、打って走って本領 15号・3打点に隙突き生還も

2019/5/29 23:24
【ヤクルト―広島】一回、広島2死一塁、鈴木が中越え2点本塁打を放つ(撮影・浜岡学)

【ヤクルト―広島】一回、広島2死一塁、鈴木が中越え2点本塁打を放つ(撮影・浜岡学)

 打てば力で圧倒し、走れば足でかき回す。鈴木は見どころの多い選手である。先制の15号2ランと同点打による計3打点と、抜け目のない走塁で勝利をアシスト。「チャンスで1本出て良かった。(走塁は)相手の隙を狙っていくのは当然」と力強く言い切った。
(ここまで 120文字/記事全文 507文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧