• トップ >
  • カープ >
  • 成績 >
  • 8月7日DeNA戦 沈黙のコイ、三塁踏めず 首位争い一歩後退

カープ

8月7日DeNA戦 沈黙のコイ、三塁踏めず 首位争い一歩後退

2019/8/7
【広島―DeNA】六回、広島2死一、二塁、松山が見逃し三振に倒れる。投手浜口。捕手嶺井(撮影・河合佑樹)

【広島―DeNA】六回、広島2死一、二塁、松山が見逃し三振に倒れる。投手浜口。捕手嶺井(撮影・河合佑樹)

 沈黙の3時間半だった。打線が散発4安打で三塁を踏めず、今季最多タイとなる14三振。7月7日の阪神戦(甲子園)以来、23試合ぶりとなる今季5度目の零封負けで、首位巨人とのゲーム差は2に広がった。
(ここまで 97文字/記事全文 478文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧