カープ

8月9日阪神戦 走れる4番、鈴木17盗塁 自己最多

2019/8/9 23:44

 鈴木が八回、価値ある適時打を中前に放った。代走の野間を二塁から迎え入れ、点差を2と広げた。「甘い球を逃さない意識だった。適時打になって良かった」。一塁を回ったところで両手をたたき、喜びを表現した。八回に一時は1点差に迫られただけに、なおさら光った。
(ここまで 125文字/記事全文 232文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧