カープ

<3>備前喜夫

2019/10/9 20:47

 入団したころは紅顔の美少年。動作も子ジカのように跳ねることから、「バンビ」のニックネームがついた。投球フォームにしても、端正にして流麗なら、性格も温厚にして篤実。心技体ともに洗練された投手だった。それゆえに一見、平凡。しかし、実体は非凡。無個性という個性をバックボーンに、備前喜夫は11年間、弱体投手陣のマウンドを支えた。
(ここまで 162文字/記事全文 1322文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 長谷川とともに広島投手陣の屋台骨となった備前(1952年)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よみがえる熱球 アーカイブ編の最新記事
一覧

  • 監督編<12>三村敏之 (2/18)

     進むべき道と、進んでいく道―。監督三村敏之の悲劇は、この二つの道が最後まで交わらなかったことであるかもしれない。「やりたい野球とやれる野球は違うということです」。現実と理想。そのはざまを歩むしかなか...

  • 監督編<11>山本浩二 (2/17)

     輝ける野球人生であった。現役時代、打撃三部門で獲得したタイトルが計八つと5度のリーグ優勝。しかし、その実績があまりにも抜きんでていたがため、監督としての山本浩二は苦しんだ。打線の中核に「打者山本浩」...

  • 監督編<10>阿南準郎 (2/15)

     「忍」。阿南準郎は、サインを求められると今でも、必ずこの一文字をしたためる。「耐え忍ぶという意味でね」。その信条を反映してか、監督時代の阿南野球は、「忍ぶ野球」と呼ばれた。

  • 監督編<9>古葉竹識 (2/14)

     11年間にわたって積み重ねた業績は球団史の中で、さんぜんと輝いている。通算3004勝のうち711勝。その裏で息づいた理念を、「耐えて勝つ」と古葉竹識は言った。耐えるとは言い換えれば、長期戦略に基づい...

  • 監督編<8>ジョー・ルーツ (2/13)

     3年連続で最下位に沈んだ広島が、現状打破の切り札としてジョー・ルーツにチームを任せたのは、1975(昭和50)年のことだった。日本球界初の大リーグ出身監督が手掛けたのは、負け犬根性を一掃し、勝利への...