カープ

第2部 <5> 1979年 素材重視、全員が高校生

2019/11/16 22:46

 V2、初の日本一を果たした広島は、戦力的には充実していた。前年1位の木田勇(日本鋼管)の拒否に遭ったものの投手陣が手薄なわけではなく、1979年のドラフト会議で「完成品」を獲得する必要性は乏しかった。木田については交渉期限となる同年ドラフトの前々日までアタックを続けたが、色よい返事は得られなかった。
(ここまで 151文字/記事全文 1002文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 広島の1位指名が決まり、胴上げされる片岡
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープドラフト史の最新記事
一覧