カープ

第2部 <10> 1984年 2位正田「強奪」実る

2019/11/21 22:57

 プロ入りするには適切な時期がある。タイミングを誤らないようアマチュア指導者や学校、企業も考えるべきだ―。広島のスカウト部長木庭教の持論である。1984年ドラフト会議。木庭のプッシュもあって、広島は新日鉄広畑の正田耕三を2位で強行指名した。
(ここまで 120文字/記事全文 1010文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 社会人野球ベストナイン表彰式に出席、「広島入りの気持ちは固まっている」と話す正田
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープドラフト史の最新記事
一覧