カープ

第4部 <10> 2004年 期待の佐藤、球威戻らず

2020/1/8 22:55

 高校生を除く選手2人までと自由に契約できる「自由獲得枠」を、8球団が行使した2004年。ドラフト会議で1巡目指名できるのは、2枠とも使わなかった広島など4球団だった。注目のダルビッシュ有(宮城・東北高)は日本ハム、涌井秀章(神奈川・横浜高)は西武へ。広島は秋田商高を春の甲子園8強に導いた佐藤剛士をトップに据えた。
(ここまで 158文字/記事全文 1009文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 新入団会見でポーズを取る佐藤
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープドラフト史の最新記事
一覧