カープ

第5部 <5> 2009年 今村・堂林、「勝ち運」期待

2020/1/28 23:17

 広島にとって2009年のドラフト会議は、それまでで最も華やかだったと言えるのかもしれない。春の甲子園で優勝した長崎・清峰高の主戦今村猛を1位、夏の大会を制した愛知・中京大中京高のエースで4番の堂林翔太を2位で獲得した。チームは12年連続Bクラス。立て直しを託された野村謙二郎新監督は、2人の「勝ち運」に懸けた。
(ここまで 156文字/記事全文 963文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 入団発表の席で活躍を誓う今村(右)と堂林
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープドラフト史の最新記事
一覧