カープ

第6部 <1> 2010年 外れ1位福井、伸び悩む

2020/2/12 22:52

 ドラフト1位は即戦力や甲子園を沸かせた実力派高校生、2位以下で素材型の選手を指名する。広島のドラフト戦略は過去10年、こうした傾向を強めている。他球団との競合を避けないのも大きな特徴である。新球場人気やカープブームもあって、主催試合は常に満員。資金にも余裕ができた。育成に関しても、アマチュア球界から高く評価されるようになった。2016年からのリーグ3連覇は好循環が生まれた結果である。
(ここまで 194文字/記事全文 1216文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 1位指名を受け、ガッツポーズする早大の福井(左)と大石(中)、斎藤
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープドラフト史の最新記事
一覧