カープ

第6部 <3> 2012年 俊足評価、鈴木2位指名

2020/2/14 22:55

 誰を指名するか、二者択一を迫られたときの基準はさまざまある。2012年のドラフト会議。2位で強打の野手を獲得することにした広島は、足の速さを判断材料にした。次代の4番鈴木誠也の出発点だった。
(ここまで 96文字/記事全文 1023文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 広島の2位指名を受け、同級生から胴上げされる鈴木
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープドラフト史の最新記事
一覧