カープ

<3>窮地救った、たる募金

2020/2/21 20:06

 ▽球団存亡の危機 大人も子どもも虎の子はたく

 1951(昭和26)年2月20日の昼すぎのことだった。カープナインがキャンプ中の広島総合球場(現広島県営球場)にパトカーが横付けになった。降りてきたのは制服警官。「すわ捕物か」とスタンドにいた千人近い観客は騒然となったが、どうも様子が違う。広島市警察内で集めた激励金を届けに来たのだった。
(ここまで 168文字/記事全文 2529文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 広島市内の警察官約400人の熱い思いが込められた激励金を、ナインとともに受け取る石本監督(1951年2月20日、広島総合球場)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球団70年を彩った男たちの最新記事
一覧