カープ

第6部 <10> 2019年 即戦力の森下、一本釣り

2020/2/21

 4位に終わった2019年、広島は投手陣の再整備に乗り出す。ドラフト会議の最優先課題は先発型の即戦力投手。就任したばかりの佐々岡真司監督がこだわったのが、明大の右腕森下暢仁(まさと)だった。
(ここまで 95文字/記事全文 952文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • ドラフト会場から駆け付けた佐々岡監督(左)と対面、ガッツポーズをする森下
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープドラフト史の最新記事
一覧