カープ

<24>ひげの応援団長

2020/3/18 20:30

 ▽施設の子らへ 球場超え響いた 人生の応援歌

 球場全体が、ほぼカープの応援一色となる広島市民球場。その独特な光景を象徴するのが、「カープ三塁側私設応援団」(倉田光晴団長)の存在であろう。敵陣である三塁側に応援団を持つのは、12球団でカープただ一つ。そして、その応援風景を定着させたのが、「ひげの応援団長」の愛称で知られた上田倉男さん(1995年、60歳で死去)である。「あれほど、多くの人を応援した人もいないでしょう」。団員がそう口をそろえるほど、カープ、そして人々への愛で満ちあふれた人生。その生涯は、さながら応援歌のようであった。
(ここまで 268文字/記事全文 2943文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 広島市民球場で応援旗を振る上田倉男さん(1980年・近鉄との日本シリーズ)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球団70年を彩った男たちの最新記事
一覧