カープ

<27>津田よ、君を忘れない

2020/3/23 20:41

 ▽150キロ真っ向勝負 あふれる人間性、今も心の中に

 躍り上がるようなフォームから繰り出される150キロのストレート。闘志むき出しのガッツポーズ。「炎のストッパー」と呼ばれた津田恒美投手=1993(平成5)年7月20日死去、32歳=がグラウンドで見せたのは常に全力、駆け引き無用の姿だった。七回忌を過ぎた今もなお、ファンの記憶に生き続けるのは、マウンドの躍動感と早過ぎる死というコントラストが強烈だからである。
(ここまで 206文字/記事全文 3176文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 和田小・和田中共用のグラウンドを見守るように立つ顕彰碑。建立呼び掛けの中心メンバーだった松田さん(右)は「津田君をいつまでも語り継ぎたい」と話す
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球団70年を彩った男たちの最新記事
一覧